自己判断の使用で大丈夫!?知っておきたいミノキシジルの副作用

そもそもミノキシジルって何?

ミノキシジルは降圧剤として開発されたもので、血管を拡張させるために血流の流れをよくすることから、毛根に栄養が行き渡りやすくなり、発毛効果があるとされています。ミノキシジルを育毛のために使う方法には、ミノキシジル育毛剤とミノキシジルタブレットがあります。

ミノキシジル育毛剤のうち、日本の製品は第一種医薬品に指定された一種類のみです。他の製品は個人輸入による入手ですので、自己責任での使用となります。価格は日本の製品が60mlで7000円程度なのに対して、個人輸入では半額程度です。ただし、ミノキシジルの配合量には差があります。

ミノキシジル育毛剤は朝晩の使用が基本です。つけた直後は臭いがきついですが、時間が経つにつれて薄れていきます。職場で臭いと揶揄されないためには、完全に乾かして時間が経った後に出社する必要があります。

ミノキシジルタブレットは、日本では保険未承認薬ですので、AGAクリニックでの購入か個人輸入となります。AGAクリニックでの購入は高額となることから、個人輸入で買う人が多く、1箱100錠入りで3000円程度です。

ミノキシジル育毛剤の副作用で薄毛が進行!?

ミノキシジル育毛剤は発毛効果が高いとされていますが、副作用の結果、以前よりも薄毛に悩まされる人が少なくありません。

ミノキシジル育毛剤の副作用には、かゆみやかぶれなどの炎症、フケがあります。頭皮の炎症やかさぶたのついたフケの大量発生によって、髪が抜け落ちてしまい、かえって薄毛が進行してしまう人もいます。お金をかけて、かゆさなどの辛い症状に悩まされたうえに、薄毛が進行してしまうなんて心証を察ししかねます。また、使用時点ではトラブルがなく、使い続けているうちに、頭皮の炎症やフケに悩まされた人の場合は、一度髪が増えたことを経験しているわけですから、さらに辛い気持ちを持っていることでしょう。ミノキシジル育毛剤は、一度副作用が起きた人は、同じことを繰り返すリスクが高いため、二度と使用はできません。

また、ミノキシジル育毛剤の購入には、煩わしさもつきものです。日本製のミノキシジル育毛剤は第一種医薬品のため、育毛剤のドラッグストアでの購入時には、薬剤師による説明が必要です。ドラッグストアの薬剤師の人員配置によっては、薬剤師の不在時は買えず、何度も足を運ぶハメになった人もいます。さらに、レジに並んでいても、他の店員が薬剤師を呼ぶため、「育毛剤のお客様です。」と叫ばれると、たまったものではありません。周囲の人の「あ、あの人薄毛で育毛剤使うんだ(笑)」という心の声が手に取るように感じられるようです。

さらに危険なミノキシジルタブレット

ミノキシジル育毛剤の副作用は、主に塗布した頭皮への症状です。しかし、ミノキシジルタブレットの使用で副作用が起きる場合は、全身への影響となります。ミノキシジルタブレットで起こりやすいとされる副作用は湿疹と動悸です。

ミノキシジルタブレットの副作用による湿疹は全身に出ることがあり、症状が重ければ、かゆみと外見上の問題から、出社できる状態ではなくなり、仕事にも支障をきたす人もいます。

また、ミノキシジルタブレットは、もともとは降圧剤ですので、心臓に負担がかかることから、動悸が止まらずに怖い思いをした人もいるのです。

こうした症状はミノキシジルタブレットの服用をやめると、しばらくして治まりますが、保険未承認薬のため、医師によっては詳しくわからず、薬との因果関係が判断できないケースもあります。また、国による医薬品による健康被害に対する補償を受けることはできず、自己責任です。

副作用のリスクがあるミノキシジルタブレットを医師や薬剤師の管理下になく、個人輸入で自己判断で服用を続けていくのは、極めて危険といえるでしょう。

ミノキシジル育毛剤の使用によって実際に、頭皮の炎症が出た人や大量のフケの発生に悩まされた人がいます。ミノキシジルタブレットの服用では、湿疹や動悸などの症状が起きてしまうなど、薬害も出ています。詳しい内容は、下層ページにあるさまざまな実例をチェックしてみてください。

ミノキシジル関連リンク

当サイトでは、独自に集めたミノキシジルによっていろいろな副作用が出たケースを収集し、データとしていますが、当サイト以外にも、ネット上ではミノキシジルに関するさまざまな意見を出されているサイトが多数あります。その賛否の内容は問わずその中でも特に秀逸とも言え、使用に際して参考になると思えるサイトを掲載しています。

ミノキシジルで得をする人、損をする人
~経験者が語る、効果と副作用
ミノキシジル育毛剤(リアップX5)とミノキシジルタブレットを両方使って両方共副作用になってしまった人の実録サイト。副作用に関する経緯が時間軸でわかりやすく表現されています。
ミノキシジルとプロペシアこそが本当に生える育毛剤! ミノキシジルとフィナステリドが最強の育毛剤と論じられているサイト。やや暴論に見えがちですが、こと効果という一面だけをみれば言われている内容に確かに納得ができるサイトです。
ミノキシジルの安全使用の徹底について」に関するコメント リアップの発売元である大正製薬から出された副作用に関するコメントです。厚生省医薬安全局より出されたミノキシジルの安全性に関する通達に関してどのような取り組みを行っているのか書かれています。